meeting with remarkable people [001]
ゲオルギー・イヴァノヴィッチ・グルジェフ
18XX - 1949

近頃、エニアグラムがずいぶん一般的に知られるようになってきた。
性格タイプを分析する一手法という認識が強いのか、
企業の中で関係性を改善するためのプログラムとして使われることもあるそうだ。
しかし、このエニアグラムがグルジェフという人物によって
世にもたらされたと知る人は、意外に少ないかもしれない。

グルジェフー神秘思想に関心のある人なら、
誰でもその名を知っているだろう。
しかし、彼について語るのは、実のところ相当困難である。

なにしろ、直弟子からして彼を「巨大な謎」と呼んでいるぐらいだから。
彼自身の著作を読めばわかるが、
彼はあえて「わかりにくく」説く人だった。
わからない人には、さっぱりわからないように。
そして、少しわかっているつもりの人には、混乱するように。

彼の前半生は特に謎に包まれている。
19世紀後半、アルメニアに生まれた。
生年月日は、いくつもの説があって不明である。
トルコの国境に近いこの地域には、様々な民族、宗教が入り交じっていた。

彼の著作「注目すべき人々との出会い」によると
(これがどこまで事実であるのかも不明)、
若かりし頃、<大いなる知恵>を求めて、様々な地を旅し、
いくつもの不思議な体験をし、
そして「注目すべき人々」と出会った。
この時期には、秘境的なグループ<真理の探究者たち>を形成していたらしい。

1913年頃、グルジェフはモスクワでワークを始める。
ここからは弟子達の言葉によって、かなり詳細な記録が残っている。
その後、アメリカ、イギリスを経て、最後にはパリに至る。

彼の教えについて説明することは、やはり難しい。
自分の教えが、マニュアル化することを嫌い、
しょっちゅう矛盾するような、
弟子がとまどうようなことを続けていたからだ。

まず自身の著作「ベルゼバブの孫への話」を読むように奨めているが、
この本を読み通すのは至難の業だ。
宇宙存在ベルゼバブが、その孫に、地
球という星がいかに気妙かというのを説明する話である。
邦訳されたもので800ページに近い大作。
しかも、3回読むように、という指示がついている。

そこで、多くの人がまず手にするのが、
弟子のウスペンスキー(後に決別)が書いた「奇跡を求めて」ということになる。
この本には、グルジェフの基本思想、ワーク、
人となりが、たいへん「わかりやすく」体系的に記されている。

本当は、グルジェフの思想について簡略にお伝えできればよいのだが、
上記の様な理由から、うかつには説明できないのだ。
ただ言えるのは、「人間はほとんど眠っている」と彼が考えていたことで、
その眠りから覚ますために、あらゆる方法を使った。

スーフィの流れを組む回転舞踏、自己想起、エニアグラム、音楽…。
彼を慕う弟子を冷たく破門したり、
誰が見ても下劣で不愉快な人物をコミューンの中にわざと住まわせたり。
彼の著作には、人間の愚かさに対する愚痴が延々と出てくるのだが、
それは、彼がいかに人々と真剣に関わったか、
という愛情があってこそではなかっただろうか?

グルジェフの教えに影響を受けた人は、多くを語ろうとしない。
しかし、かなりの数にのぼるだろう。
各界のリーダーと呼ばれる人も多いと聞く。
現存する人としては、たとえば舞台演出家ピーター・ブルックがいる。
彼は「注目すべき人々との出会い」を映画化したことでも知られている。
ちなみにspiritualな人物を取り上げるこのコーナーのタイトルは、
初回登場のグルジェフに敬意を表して、
この書籍の原題(英語)から引用させていただいた。

グルジェフに興味を持たれた方は、いくつかの書籍(できれば「ベルゼバブ…」から!)
をお読みになることをおすすめする。


この人物についての関連書籍等はこちら → click!

BOOK CLUB KAI  [ home ] [ contact ] [ link ] [ privacy policy]・・・ [ back ] [ page top ]
Copyright (c) 1989-2002 BOOK CLUB KAI  All Rights Reserved.