meeting with remarkable people [008]
ルドルフ・シュタイナー
1861-1925

オカルティスト、神秘家、芸術家、科学者、教育者…。
シュタイナーは、様々な顔を持っている。
「自由・平等・友愛」という普遍のテーマを掲げながら、
自然科学的思考法と精神的直観の統合を追求し続けた、
知の巨人、シュタイナー。
彼の生涯とはいかなるものだったのだろうか?

1861年、オーストリア人の鉄道技師の息子として生まれた彼は、
幼い頃から自然の美に対して、関心が強かった。
一番最初に興味を持ったのは、幾何学についての本で、
「内面に置いて直観される世界」に、特別な思いを抱いた。
「霊的な次元」に対しても敏感だった彼は、早くから、
自分と他人の見ている世界が、大きく違うことを察していた。

15歳の頃、カントの『純粋理性批判』を徹底的に読み抜いた。
そこから、論理的思考能力や言語表現力を身につけていく。
1879年、18歳で、ウィーン工科大学に入学。
化学・数学などを専攻したものの、彼の関心を集めたのは、
もっぱら哲学や文学であった。
彼はこの頃から、「真理を探究すること」を義務と感じて、
「霊的世界を体験する霊的直感の正当性」について
考え続けていたらしい。

ウィーンの研究機関に入学すると、「ゲーテ研究」に勤しんだ。
ドイツ国民文学叢書となる『ゲーテ自然科学論文集』の校訂と、
その序文の執筆という、本格的な仕事を任される程になる。
これは、ドイツ語文化圏において、知識人としての資格を
証明されたに等しいことだった。
そうした仕事と並行しながら、彼は「霊的集中」を続けた。
「目に見えない、超感覚的世界」についての集中的な観察を。

学究生活を終え、彼は脳水症に罹った少年の家庭教師を
務めることとなる。
読み書きや計算ができない少年を前にして、
彼は、心理学・医学・治療学にまで手を広げて取り組む。
そして少年の中に高い精神力が隠されていることに気づく。
ついには少年の潜在能力を引きだすことに成功。
少年は後に医者になったという。

この経験を通して、シュタイナーはかけがえのない理解を得た。
人間に内在する本質が、霊的なものであることを確信したのだ。
知性や論理に頼ることなく、感性や感情を通して学ばせる、
という「シュタイナー教育」の出発点は、この時期にある。

36歳の時、ベルリンに移住して、編集者となる。
生活や人間関係は一変、秘密にしてきた神秘思想的な側面が、
彼の講義や論文の中に、少しずつ見られるようになった。
すると、当時ヨーロッパの神秘思想に大きな影響を与えていた、
ブラヴァツキー婦人率いる神智学協会のメンバーが、
彼に対して、神智学協会で講義をするように依頼をしてきた。
この機会を得たことで、彼の神秘学への傾倒は、加速を始める。

1902年、神智学協会の新会長に就任したアニー・ベサントは、
神智学協会のドイツ支部を指導するよう、シュタイナーに要請。
彼は「自分が望む内容のみを講義する」という条件付きで承諾。
しかし、両者が基盤とする思想の相違によって、緊張状態は続き、
1912年、「クリシュナムルティこそが神智学の救世主である」
とベサントが主張し始めたことで、二人の関係は終焉を迎える。

瞑想と道徳的修養を通じて、「超感覚的認識」が獲得できる、
という教えを実践するために、彼は「人智学協会」を設立した。
神智学者の多くが彼に従い、ドイツ支部の神智学運動は、
ベサントと決別することとなる。
こうして彼のポジションは、ほぼ固まった。

生命の霊的進化を統合し、壮大かつ緻密な宇宙観を組み立てる。
「人智学」の創始とその啓蒙は、
やがて、多様な枝を持つ、大きな大木となる。

1925年、彼は64歳でこの世を去った。
だが彼の創始した運動とその精神は、
様々な現実の中で、現在も力強く脈打っている。
いやむしろ、彼の真価が証明されるのは、
これから、なのかもしれない。

この人物についての関連書籍等はこちら → click!

BOOK CLUB KAI  [ home ] [ contact ] [ link ] [ privacy policy]・・・ [ back ] [ page top ]
Copyright (c) 1989-2002 BOOK CLUB KAI  All Rights Reserved.