meeting with remarkable people [048]
ピョートル・デミアノヴィッチ・ウスペンスキー
1878-1947

カリスマ的な存在の力を発揮する師と優秀な弟子。
その構図は、圧倒的な喜びと、多くの苦悩をもたらす関係だ。
神秘家グルジェフと、弟子ウスペンスキーの関係も、
その例にもれない。

1878年、モスクワでウスペンスキーは生まれた。
役人、数学者でもある父と、画家の母。
自由な家風のもと、彼は、幼い頃から本に親しみ、
知的好奇心を育んでいった。
13歳の時には心理学に興味を持ち、16歳でニーチェを見いだし、
18歳で自分でも執筆を始めた。
同時に生物学、数学にも熱中したが、
あらゆる形のアカデミズムを嫌悪し、決して試験を受けたり、
学位を取ったりしないことを決意した。

27歳の時、ジャーナリストの職に就いたが、
当時、彼がよく使っていた言葉は、
「聖職者たちが宗教を殺しているのと同じように、
教授たちは科学を殺している」というもの。
彼にとって、すべてが袋小路の中にあるように見えた。
彼は、ロシア、東洋、ヨーロッパを旅し、
1907年、29歳の時、神智学と出会う。
秘教という観念は、彼に新しい扉を開いたが、
神智学協会にもまた弱点があるように見えた。

彼は、独自の思想体系を築き、
『第四次元』、『タロットのシンボリズム』、
そして代表作である『ターシャム・オルガヌム』など
立て続けに4冊の著作を発表。
講演活動を行い、多くの聴衆を集めた。

1915年、37歳の時、彼はグルジェフと運命的な出会いを果たす。
グルジェフの存在は彼に強烈な印象を与えた。
そして、自分がそれまでに知っていたあらゆる知識を超える、
まったく新しい思想体系に出会ったということを認めた。
その時から興奮と喜びに満ちた日々が始まる。
彼が招集した小さなグループで、
グルジェフは講義を行うようになった。

ロシアでは革命の嵐が吹き荒れていた。
ウスペンスキーも一時兵役に付き、
トルコで難民生活を送ったりもしたが、
グルジェフとの厚い信頼関係は揺らがなかった。
グループは、グルジェフの故郷であるコーカサス地方で、
ワークに集中した。

1918年、40歳の時、グルジェフは突如、
スクールの解散を言い渡した。
その意図を理解できなかったウスペンスキーは、
グルジェフと「システム」を分離する必要があるとさえ感じた。
高度な知識体系を求める彼にとって、
グルジェフの理不尽さは、受け入れがたかった。
結局、彼はグルジェフの元を離れ、
独自の活動を始めることになる。

1921年、42歳の時、イギリスに亡命。
ロンドンで公演や執筆活動を続けるが、
グルジェフに対する想いは複雑だった。
フランスのフォンテーヌブローに居を移したグルジェフの元を
何度も訪れ、手助けもしている。
しかし、グルジェフの行動は不可解さを増すばかりだった。
失意の元、彼はついにグルジェフとの別離を決意。
1931年、52歳の時に、『新しい宇宙像』を出版した。
次第に彼の生徒も増え、
ロンドンの郊外に数百人収容できる施設を購入。
そこで「歴史心理学協会」を立ち上げた。
1940年からは、ニューヨークでもワークの指導を行い、
多くの著名人が彼の元を訪ねた。

1947年、69歳の時、イギリスに帰国。
肝臓病の治療を拒んでいたウスペンスキーは、
戦士のように死と向き合い、その生涯を終えた。
グルジェフとの出会いとその思想を描いた『奇蹟を求めて』は、
彼の死後、出版されている。
グルジェフは、この著作について、
「決して読んではならない」と弟子達に告げている。
なぜなら、真の理解を妨げるから、と。

ウスペンスキーは、グルジェフの弟子の中でも、
最も優秀な理解力を持っていた。
しかし、その真っ当さは、固定化された秩序を作る罠にもなる。
類い希な優秀さ、それこそがウスペンスキーが背負った、
宿命だったのかもしれない。

この人物についての関連書籍等はこちら → click!

BOOK CLUB KAI  [ home ] [ contact ] [ link ] [ privacy policy]・・・ [ back ] [ page top ]
Copyright (c) 1989-2002 BOOK CLUB KAI  All Rights Reserved.