meeting with remarkable people [052]
スワミ・ヴィヴェーカーナンダ
1863-1902

真理を求める人の中には、様々なタイプが存在する。
自分の存在を賭けて真理に向き合う人、他者のために生きる人。
超常的な感覚を持つ人、知による限界に挑む人。
19世紀に生まれた、スワミ・ヴィヴェーカーナンダは、
欧米にインド哲学を広めたことで知られている。
類い希な知性を持って、東西の文化の壁を越え、
多くの人の心をとらえた彼の生には、どんな意味があったのか。

1863年、彼は、カルカッタの豊かな家に生まれた。
俗名はナレンドラ・ナート・ダッタ。
父はカルカッタ高等裁判所の弁護士だった。
音楽好きの一家に囲まれ、彼もまた幼い頃から音楽に親しんだ。
子どもの頃から宗教的傾向があった彼は、
人目につかぬ場所で深く瞑想に没入してしまうこともあった。
学校では、群をぬいて聡明で、
サンスクリットの文法書やラーマヤナ、マハバーラタを
暗記していたという。

1877年、14歳の時、父に連れられ、
学校のない地で2年間を過ごす。
優れた人物であった父と非常に親密な時間を過ごした。
16歳の時に復学。
3年分を一年で習得し、大学入学資格試験にパス。
カルカッタの大学の法学部に通い始める。

1881年、18歳の時、聖人ラーマクリシュナと
運命の出会いを果たす。
ラーマクリシュナは歌う彼を前にして、
その霊的魂の深さに驚いた。
そして、彼が果たすべき霊的使命を預言した。
1ヶ月もたたぬ内に、師の元に行った彼は、宗教的境地を経験。
一瞬にして、心の変革が起こった。
頻繁に師の元に通うようになったが、この頃、父が死去。
彼は、ラーマクリシュナに帰依した。

1885年、22歳の時、死を悟ったラーマクリシュナは、
ヴィヴェーカーナンダに弟子達のことを頼む。
しかし彼には、絶対者ブラフマンを悟りたいという
強烈な願望があった。
瞑想の中で、永遠の至福を求めることを渇望していた
彼にとって、師の願いは重いものだった。
それでも、人類の幸福のために働かねばならないという
志を引き受け、自分の使命を果たすことを決意する。
翌年、ラーマクリシュナが他界。
彼は、20代の兄弟弟子たちとラーマクリシュナ僧団を結成した。
カルカッタ市郊外に本部を置きながら、
兄弟弟子たちと山々を越える厳しい修行に入る。

1893年、30歳の時、初めてヴィヴェーカーナンダと名乗るように
なった彼は、ボンベイから船でバンクーバーに向かう。
そして、シカゴで開催された「世界宗教会議」に参加。
これは、各界の宗教的指導者が集うという、
歴史上はじめての会議だった。
ここでヴィヴェーカーナンダは、インドの聖典を基盤に、
ごく短いスピーチをした。
彼の美しく力強い言葉は、聴衆を魅了、彼は一躍有名になる。
これを機に、彼はアメリカとヨーロッパ各地を巡り、
教えを説いてまわるようになった。
また、アメリカ滞在中、ニューヨークで行った講演は、
一連の本となって出版された。

インドに帰国した彼を待っていたのは、熱狂的な支持だった。
彼は、奉仕団を組織し、100カ所以上の僧院や社会施設を作った。
東西を飛び回る忙しさの中で、
「何者かが私に乗り移って、私に休息を与えないのだ」と
言っていたそうだ。
彼が話の最中に遙か彼方を見つめる表情をする時、
弟子達は、きっと静かに思いにふけりたいのだと感じていた。
「私は決して40歳までは生きない」と予言をしていた彼は、
その言葉の通り、1902年、39歳でその生涯を終えた。

ヴィヴェーカーナンダの言葉は、聡明さにあふれている。
言葉では言い尽くせない深淵な教えを、
知性を通して、欧米に伝えた彼の功績は大きい。
その優秀さ上に与えられた役割を受け止め、
個の欲求を超えて生きたヴィヴェーカーナンダ。
今、彼の魂は安らぎを得ているだろうか。



この人物についての関連書籍等はこちら → click!

BOOK CLUB KAI  [ home ] [ contact ] [ link ] [ privacy policy]・・・ [ back ] [ page top ]
Copyright (c) 1989-2002 BOOK CLUB KAI  All Rights Reserved.