meeting with remarkable people [053]
チャールズ・ダーウィン
1809-1882

生命は、どのように誕生したか。
ダーウィンの進化論は、この問いに対して、
それまでの認識を根底から覆してみせた。
革命的な仮説を見いだし、世界を揺るがせた、
ダーウィンとは、いかなる人物だったのか。

1809年のイギリス中部で、代々医師を続ける一家の
第五子として、ダーウィンは生まれた。
父方の祖父は、すでに科学者として名声を得ていた、
エラズマス・ダーウィン。
母方の祖父は、陶磁器のウエッジウッド創業者である、
ジョサイア・ウェッジウッド。
裕福で、知的、個性的な環境が、周囲にあった。

ダーウィンは、従順でおとなしい子どもだった。
8歳の時、母が病死。
16歳の時、父の強いすすめで、医者になるため、
エディンバラ大学に入校。
しかし、手術の実習では、強いめまいや吐き気を催した。
医学に対する拒否感が、彼にはあったようだ。
父は、彼を牧師にすることに考えを改め、
次に、ケンブリッジ大学に入学させる。

ダーウィン自身の興味は、もっぱら博物学にあった。
小動物、昆虫採集が大好きだったが、
植物学教授ヘンズローは、早くからダーウィンの才能に気づき、
研究旅行に連れて行くようになった。

1831年、22歳の時、猛勉強の末、学士試験に合格、
牧師の資格を取得した。
その頃、調査用軍艦のビーグル号が、世界一周に向けて、
旅立とうとしていた。
教授たちは、ダーウィンを博物学者として
この船に乗船させようと、推薦してくれた。
一度は、父の反対で断念しかけたものの、
母方の伯父の説得で、ついに乗船。
体が弱かったダーウィンは、その事実も隠し、
このチャンスに飛び乗った。

こうして5年間に渡る航海が始まった。
船酔いに苦しみながらも、ダーウィンの熱意は衰えなかった。
未知の土地に上陸するたびに、熱心に動植物を観察、採取した。
ガラパゴス諸島では、鳥類の変異に着目。
その後の進化論につながるイメージを得た。
彼の旅は、『ビーグル号航海記』として、
その詳細な記録が残っている。

1836年、27歳の時、10月帰国。
ロンドンで資料整理などをしながら、忙しい日々をすごす。
1839年、30歳の時、いとこのエマと結婚。
10人の子をなすが、そのうち3人を幼いうちに亡くしたことで、
自分の持病と、近親結の弊害について思い悩んだという。

大学などに属さない在宅研究者であったにもかかわらず、
ダーウィンは、その著書によって注目されるようになる。
しかし、健康は一段と悪化。
めまい、吐き気に襲われるこの症状は、生涯、彼を悩ませた。
1842年、33歳の時、健康のために、
イギリス南東部のダウン村に移住。
この地で、持ち帰った標本の記載や、フジツボの研究を続ける。

1859年、50歳の時、『種の起原』を完成。
この進化論は、それまでのキリスト教世界観を一変させる。
宗教界からは、激しい批判が起こった。
実は、同時期、アルフレッド・ウォレスが
自然淘汰説を提唱していた。
ふたりの論文を並べて発表するという形がとられたため、
「ダーウィンの進化論」が表向きにはメジャーになった。
1877年、ケンブリッジ大学はダーウィンに名誉博士号を授与。

以降も彼は、性淘汰のアイディアを追求したり、
ミミズの研究をして、知的活動を止めることはなかった。
晩年の暮らしは、妻と子どもに囲まれた穏やかな生活だった。
1881年、72歳の時、心臓発作で倒れ、翌年、永眠。

ダーウィンは、当時でも、
かなり変わり者だったと言っていいだろう。
しかし、年長者からはかわいがられ、
世界中の人々と文通する親密性も持っていた。
世界を一変させた進化論は、もの静かで病弱だが、
好奇心では誰にも負けない、ひとりの男の熱意が
実らせた革命だったと言えるだろう。
「強さ」とは、様々な形を見せるものなのかもしれない。



この人物についての関連書籍等はこちら → click!

BOOK CLUB KAI  [ home ] [ contact ] [ link ] [ privacy policy]・・・ [ back ] [ page top ]
Copyright (c) 1989-2002 BOOK CLUB KAI  All Rights Reserved.