meeting with remarkable people [061]
ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン
1889-1951

二十世紀の哲学者の中で、「完全な天才」と称された人物、
ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン。
純粋な思考を極限まで追及し続けた、
彼の一生とは、どのようなものだったのか。

1889年4月、ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインは、
8人兄弟の末っ子としてウィーンで生まれた。
両親はともにユダヤ系、父は製鉄産業で大きな成功を収め、
一代で莫大な財産を築き上げた。
邸宅は「宮殿」とも呼ばれ、ブラームスやマーラーといった
著名な音楽家や芸術家が集うサロンでもあった。
世紀末ウィーンの刺激的な環境で育った兄弟達は、
学校へは通わず自宅で教育を受けていた。

1903年、14歳の時、ルートヴィヒは、リンツの実技学校へ入学。
数学や自然科学を学んだ。
成績は、あまりよい方ではなかったという。

華やかな生活を送る一家であったが、
兄弟には、うつ病や自殺の傾向があり、
実に男兄弟4人のうち3人が自殺している。
ウィトゲンシュタインは、相次ぐ兄たちの死に
大きなショックを受けた。
高等学校卒業後、ベルリンの
シャルロッテンブルク工業大学へ入学、航空工学を学ぶ。
1908年、19歳の時、イギリスへ渡り、
マンチェスター大学工学部に研究生として登録。
しかし、彼の関心は、次第に数学へと移ってゆく。
1912年、23歳の時、ケンブリッジ大学に登録。
ラッセルと理論学の共同研究を行う。

1913年、24歳の時、父が死去、莫大な遺産を手にする。
彼は、ノルウェーのショルデンという村に滞在し、
世捨て人のような生活を送りながら論理学の研究に没頭。
1914年、第一次世界大戦が勃発。
ヘルニアを患っていた彼は、兵役を免除されていたが、
自ら志願してオーストラリア・ハンガリー軍へ入隊。

1918年、29歳の時、捕虜となり、
イタリアのモンテカッシーノにある収容所へ収容。
ケンブリッジ大学時代の友人、経済学者ケインズを介して、
ラッセルに『論理哲学論考』の原稿を送る。
彼は、この原稿の完成によって、
すべての哲学的問題は解かれたとみなした。
釈放後、実家に戻った彼は、彼の全財産を兄と姉に与えてしまう。
論理学に対して情熱を失った彼は、哲学の道を離れ、
ウィーン師範学校を卒業し、小学校教員となる。

1921年、32歳の時、ラッセルの尽力により、
『論理哲学論考』が『自然哲学年報』に掲載。
翌年、独英対訳版が出版されると、
ウィーンの哲学者の間で話題になった。
1926年、37歳の時、体罰事件を起こした彼は、学校を依願退職。
ウィーンへ戻り、修道院の庭師になる。
哲学について議論することはなるべく避けていた。

そんな彼に、転機が訪れる。
1928年、39歳の時、数学者ブラウアーの講演を聴き、
衝撃を受けたのだ。
周囲の励ましで、再びケンブリッジ大学に戻ることを決意。
1929年、40歳の時、『論理哲学論考』で博士号を授与され、
翌年には、大学で講義を始める。

1938年、49歳の時、ナチス・ドイツのオーストリア併合を知り、
イギリスに帰化。
1939年、50歳の時、第二次世界大戦勃発。
彼は、ロンドンの病院で奉仕活動を行った。
1944年、55歳の時、ケンブリッジ大学へ戻り講義を再開、
3年間勤めた。
1949年、60歳の時、前立腺癌であることが判明。
翌年、親しかったアンスコムの家に身を寄せ、
『確実性の問題』を書き始める。
病状は次第に重くなり、1951年4月29日、62歳で死去。
死の2日前まで『確実性の問題』に取り組んでいた。

激動の時代を生き、二十世紀の哲学地図を
2度に渡って塗り替えたウィトゲンシュタイン。
彼の思考は、哲学という枠組みをはるかに越え、
今もなお、迷宮のように広がっている。




この人物についての関連書籍等はこちら → click!

BOOK CLUB KAI  [ home ] [ contact ] [ link ] [ privacy policy]・・・ [ back ] [ page top ]
Copyright (c) 1989-2006 BOOK CLUB KAI  All Rights Reserved.