meeting with remarkable people [070]
ニコライ・コンスタンチノヴィチ・レーリヒ
1874-1947


ロシアの画家として広く知られ、哲学者、考古学者としても
多くの功績を残したレーリヒ。
チベット、中央アジアを探検し、生涯7000点におよぶ
絵画作品を残した彼の人生とは、どのようなものだったのか。

1874年、ロシアのペテルブルグで法律家の父の元に生まれた。
家は、芸術家や東洋学者など知識人が集まる社交場でもあった。
父方の祖父は、フリーメーソンの象徴を集めていたという。
裕福な家庭に育った彼は、古墳や発掘に興味を持つ少年だった。
1893年、20歳の時、美術学校へ進むことを望むが、
父親に反対される。
絵画と共に法律も学ぶことを条件に、ペテルブルグ大学法学部と
ペテルブルグ美術アカデミーへ同時入学。
風景画のクインジに師事し、刺激を受けた彼の画風は、
深い歴史性と風景の美しさを合わせもつものへと深化した。

1898年、25歳の時、大学を卒業、美術雑誌の編集者となる。
翌年、エレナ・イワノウナに出会い、やがて婚約した。
1900年、27歳の時、パリに留学。
ゴーギャンを始め、多くの芸術家から影響を受ける。
パリから帰国した彼は、エレナ・イワノウナと結婚。
美術振興協会の書記となった。

創作意欲に溢れ精力的に活動していた彼は、
世界各地で開かれたロシア美術展覧会へ作品を展示、名声を得た。
また、教育に関しても手腕を発揮、33歳の時には、
美術振興協会付属美術学校の校長になる。
生徒には、マルク・シャガールもいた。
1912年、39歳の時、ストラヴィンスキー作曲、
ニジンスキー振り付けの『春の祭典』の舞台美術を担当する。
1916年、43歳の時、健康不良から、美術学校の校長を辞職。
家族と共にカレリア地方へ移住。
この頃から神智学にも関心を持ち始めた。

かねてから、東洋思想に興味があった彼は、
ラーマクリシュナ、タゴールなどに深く感銘し、
インドの地へ足を踏み入れたいと考えた。
しかし、社会主義のソ連からインドへの旅行は困難を極めた。
1920年、47歳の時、ニューヨークに拠点を置き、全米各地で
「衣服とオーラの調和」をテーマにした講演などを開く。
1923年、50歳の時、準備が整いニューヨークを離れ、
ヨーロッパ経由でインドへ向かう。
翌年、シッキムとブータンの探検旅行。
アメリカには「レーリヒ美術館」が開設された。
その後も、アルタイ、モンゴル、チベット横断などの探検を
約3年に渡って実施。
ラマ教信者からシャンバラの伝説を聞く。

第一次世界大戦中、文化財の破壊を目の当たりにした彼は、
武力紛争時の文化財産保護のためにレーリヒ条約の草案を発表。
タゴール、アインシュタイン、H・G・ウェルズらが支持した。
1929年、56歳の時、ノーベル賞候補に挙げられる。

世界各地で「レーリヒ協会」が設置される中、
中央アジアからチベットの探検を綴った
『シャンバラの道』を出版。
58歳の時には、ヒマラヤの自然と人間の研究を目的とする
「ウルスヴァティ研究所」を設立した。
61歳の時には、中国北部を探検し、砂漠の拡大を防ぐ
植物の調査を目的に、日本にも訪問している。

その後、インドを拠点に、研究と創作活動に専念。
しかし、大戦やインド分裂による国際情勢の変化は、
彼の心を悩ませ、急激に肉体を衰えさせた。
1947年、74歳の時、死を予感した彼は帰国を準備するが、
心臓が弱り息を引き取った。
その傍らには、雄大なヒマラヤ山脈を飛ぶ、
白い鷲を描いた未完の絵が残されていた。

彼の描いた神秘的な風景は、国境を越えて、
多くの人の魂をゆさぶる。
精神的な豊かさと文化が花開く未来は、
「美の力」によって成し遂げられると信じた彼の、
神秘の王国「シャンバラ」は、今も脈々と生き続けている。




この人物についての関連書籍等はこちら → click!

BOOK CLUB KAI  [ home ] [ contact ] [ link ] [ privacy policy]・・・ [ back ] [ page top ]
Copyright (c) 1989-2006 BOOK CLUB KAI  All Rights Reserved.